メモリアルウェディングからのメッセージ


  ■ ドレスを自分でデザインしよう!(2014/09/29)


ドレスのデザインは難しいので、最初から諦めている花嫁様が多いのでは?
実はそんなに難しくないのです。
ウェディングドレスにこだわりを持つ花嫁様は式場の提携先のショップでは希望のドレスがかなったり、この部分をこう変えたらイメージにピッタリだけど、レンタルなので変更は無理だし、或は高すぎて手が届かなかったり・・・・

そんな場合どうするか?そうです!その場合は自分でイメージ通りのウェディングドレスをオーダーするのが一番満足度が高いと思います。

当然デザインを一から起こす事は想定していませんが、先輩花嫁様達がメモリアルウェディングでどのようにオリジナルドレスをオーダーしているかをご紹介します。

今までサロンに来られた花嫁様で大まかに以下の3つのタイプに分類する事が出来ます。

1. 既に着たいドレスが明確になっている花嫁様
2. ぼんやりとイメージを持っている花嫁様
3. 全くイメージを持っていない花嫁様


1番の既に明確なイメージを持っている花嫁様は、大体色々なサロンで沢山のドレスを試着しており、自分に似合うドレスのスタイルを分かっていらっしゃいます。
その上で既存ドレスに満足できず、オリジナルの一着を作る為に当白金サロンでオーダーをされている方々です。

ドレスを自分でデザイン1
ドレスを自分でデザイン2

2番目のタイプの花嫁様も既に色々とドレスを試着しておりますが、具体的にどのようなドレスにするか曖昧なイメージしか持っておらず、当サロンで更に試着を重ね、スタッフと相談の上、ドレスのイメージを固めて行きます。

例えば基本となるドレスを決めて、以下の項目を一つずつ決めて行きます。

ビスチェラインをどうするのか?

ハートにすると可愛く見えて、ストレートにして上品に見えます。

トレーンをどの程度にするのか?

当日履くヒールの高さを決め、フロントは床ギリギリにするとか、バックトレーンは式場を考慮してどの程度伸ばすのか?
当日ダンスする花嫁様もいますので、踊りやすい長さを決めたりします。

生地と色はどうするのか?

オフホワイトにするのか?人気のアイボリーにするのか?
サテンで作るのか?シルク?或はタフタ?

刺繍はどうするのか?

フランス製刺繍を使うのか?どんな柄の刺繍にするのか?どの程度刺繍を貼るのか?
或は総レースを被せるのか?

ビジューは何を使ってどの程度散りばめるのか?

スワロフスキーのラインストーンを使うのか?通常のガラスを使うのか?
形はどうするか?どの程度散りばめるのか?

上記のように一つ一つメモリアルウェディングのスタッフが相談にのって、世界で一着だけのオリジナルウェディングドレスを作り上げていきます。

ドレスを自分でデザイン2
ドレスを自分でデザイン2

最後の3番の花嫁様、全くご自分のドレスイメージを未だ持ってらっしゃらない場合、メモリアルウェディングではとにかく沢山のドレスを着てもらう事から始まります。

例えば最初はなんとなくプリンセスラインが良い、マーメイドは絶対にないと思っている花嫁様でも、実際何着かマーメイドを着てみて、マーメイドに決めた方も結構いらっしゃいます。

何が言いたいかと言いますと、要はイメージを持ってない方はとにかく沢山のタイプのドレスを着て、ご自分が気に入るドレスのタイプを見つける事が先決です。

それからゆっくりとイメージを膨らませてください、膨らまない場合はサロンのスタッフに相談して、ご一緒にドレスを決めて行けばいいと思います。


如何でしょうか?

実際ドレスのデザインを決める事はそこまで困難な事ではなく、ご自分が着たいドレスタイプのイメージがあれば、そこから自分だけの一着を作る事が出来ますよ。

2014.09.29