タキシードをオーダーする時のポイント

タキシードをオーダーする時のポイント

タキシードのイジーオーダーが最近増えて来ました!

いわゆるフルオーダー(ビズボーク)と違い、既にある型に対して体の各部分のサイズを測ってセミオーダーするのが普及してきてます。

例えばZozoさんが展開しているZozoスーツを使ってスーツをオーダー出来る様ですが、実際オーダーした方もの意見では未だ未だ実用には時間がかかるという意見もあり、いや、結構キチンと出来ているとの意見もあります。

出典:zozotown

熟練な仕立て屋さんのように、ポイントとなる部分を最適化するには今後AIに覚えてもらうしかないような気がします。

 

少し話がそれましたが、結婚式で着るタキシードはやはり自分の体にぴったりフィットして、カッコ良く見える方が良いのは当たり前です。

それには多少ポイントがありますので、本日はそのポイントを少し書きたいと思ってます。

 

☑️ タキシードをオーダーするポイント

1.  袖の長さ

普段スーツを着ない方が増えていますが、そのような方々はジャケットを着ないので適切な袖の長さがわかりません。或いは思い込みで短くして大きくシャツが見えるようにしたいとか要望も沢山あります。

以下お袖に関して2つのポイントです・・・・・

 

・両腕の長さは同じなのか?

片手をよく使うスポーツをされていた方は右左で1cm違うのはザラなんです!

仮に右左の腕の長さが違っていて、それに合わせてジャケットの袖を作るとシャツまでオーダーで作らないといけなくなります。

理由はシャツがオーダーではない場合右左の長さが同じなので、袖からが出ている部分が右左で長さが違ってきます。白いシャツは結構目立ちますので1cmの差は結構大きなズレとして見える場合があります。

 

・どんなシャツなのか?

細身のタキシードやスーツの場合袖も当然細身です。

タキシードを着る時に着用するシャツはウイングカラーと昔は決まってましたが、今では普通のシャツでも違和感がなくなってきています。

但し注意すべきはシャツの袖の形状です。カフス専用のシャツだと一度折り返してからカフスをつけるので、相当な幅・厚み・硬さがあります。

ジャケットの袖の長さや太さが合わないと袖が上がってシワシワに見えるのでご注意ください。

出典:ozie.co.jp

 

2.  パンツの丈

最近のトレンドとして又タックのついた少し太めのパンツが出てきました。

でもやはりスリムタイプの方がまだまだ人気があります。

良くある失敗例としてパンツの裾をくるぶしの上にして短くしたい要望ですが、それが出来るパンツと出来ないパンツがある事にご注意ください。正確にはカッコ良く見えるパンツと見えないパンツがあるのです。

パンツは細身でもかなり細いタイプのストレッチ素材を使い、しかも裾部分の太さ(ここがポイント、細くしないとみっともない)に注意しないと・・・・自分で当初イメージしているスタイルとは違って決してかっこ良くはないスタイルとなります。

 

3.  ジャケットの長さ(着丈)

こちら長い分には修正できるので問題ないのですが、スーツを着慣れない方が思いっきり短めに着丈を注文すると、こんなはずでは無かったと後悔する事もあります。

短いと長くする事がほとんど出来ないのでご注意ください。

タキシードですので、少し長めの方がさまになりますよ!特にご両親はサイズが間違っているのではないかと心配しますので、短くてもせめてお尻半分は必ず隠れるようにしましょう。

 

以上メモリアルウェディング からのアドバイスでした。

当サロンもタキシードとスーツのオーダーを承ってます、インポートの高級生地から国産の高級生地まで双方お選び出来ますよ!是非ご用命ください。

 

タキシード(2ピース)>>

タキシード(3ピース)>>